苦痛にならない仕事を探す

引きこもりになってしまう理由は人それぞれだと思います。学校や職場の嫌な人間関係から外に出るのが嫌になり、うつになってしまったり、合わない仕事で自信を失ってしまったり。一人でいると「もう人生このままなのかな?もう逆転は無理かな?」なんて不安になってしまう時もあるのではないでしょうか。でも、引きこもりの時期は、自分を見つめなおすチャンスでもあります。学校や仕事で目の前の人間関係に追われていると、その場での役割に縛られてしまうことも多々あります。そうすると、本来自分はどんな個性の人間なのか?どんな適性があり、どんな仕事に向いているのか?それが見えなくなってしまうこともあります。少し余力が出てきたら、一人きりでいるこの時間を使って、自分にはどんな個性があるか、どんな適性があるか、という事を考えてみませんか?「引きこもりから一発逆転したい!」それは夢ではありません。そのためには、合わないことを無理してやるのではなく、自分に一番向いていて、しかもやっていて楽しいことを見つけることです。この二つが揃うものを見つけることができれば、社会の中で自分の居るべき場所を見つけたも同然。例えば、接客業でどうしてもうまくいかなかった人は、接客業ではない仕事が向いている可能性が高いでしょう。接客業以外の仕事なんて、数えきれないほどいっぱいあります!わざわざたくさんの仕事の中から不向きな仕事を選ぶのは、もったいないと思いませんか?多くの人がやっている仕事があなたに向いているとは限らないものです。まずは適性検査などで自分を知り、あなたにぴったりの仕事や働き方を見つめ直してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です